バイト探し

日記

2017年5月16日 8時55分40秒 (Tue)

脳内出血からの復帰を目指して

脳内出血からの復帰を目指して画像 脳内出血による半身麻痺にて通院中のK.Mさん(銚子市 54歳 男性)。倒れてから半年後に当院を受療し、以来、週に一度のペースで受療して5ヶ月が経ちました。
当初は酷い眼精疲労で常に眼球は充血し、杖を突きつつも介助者の支えがないと歩行も儘ならない状態でしたが、今では室内は杖なしで自力歩行が可能となり、硬縮していた腕も伸ばせるようになり、遂に自動車の運転を再開するまで元気になりました。
Kさんは、支えてくれる奥様と一命を取り留めた強運に感謝しつつ、「必ず職場復帰をする」と、前向きな強い信念を持ち続け、自身の回復力を発揮させられるよう日常生活のあらゆる場面で様々な努力をされています。この調子ですと念願の職場復帰もそう遠くはなさそうです。

※Kさんは身障者認定を受け、警察署に於ける運転適性検査を合格した上で公道を運転しています。

2017年5月13日 8時17分08秒 (Sat)

母の日にあたり

明日は母の日です。一家の大黒柱が父ならば、母は大黒柱を支える礎でありましょう。

当院を受療する重症者には、幼児から高校生までのお子さんも多数おります。日常生活が困難なほどの猛烈なアトピー性皮膚炎、重度の脳脊髄液減少症等、信じられないような凄まじい症状に苦しむお子さんを連れて必死に当院へ通うお母さん。我が子の苦しむ姿は、我が事以上に苦しいことです。しかし、どのお母さんも一切取り乱すことなく、我が子に備わる回復力を信じ、祈るように施術を見守っておられます。その姿は眩いほどに神々しく、母の強さ、頼もしさには唯々感銘するばかりです。

お子さんを受療させる保護者の皆さん、どうか焦る気持ちを鎮め、自責の念に苛まれることなく、冷静に我が子の体調の変化を日々観察してください。ご自分の命を分けた、命より大切なお子さんです。どうか自信を持って励ましてあげてください。三位一体で回復を目指しましょう。
尊き母の願いが成就しますよう。 合掌

2017年5月2日 6時46分00秒 (Tue)

紹介について

休院日や受付時間外の施術など、無理な要求をされる方がおられます。当院では、時間外の受付は一切致しておりません。また、当院は紹介制ではありませんので、例え紹介者がどなた様であっても、休院日や時間外の受付には一切対応致しておりません。どなた様も平等に、受付時間内に予約をされますようお願い致します。

2017年4月24日 12時29分23秒 (Mon)

競技犬のコンディショニング

競技犬のコンディショニングドッグフリスビー競技大会に出場しているウィペット(神栖市 オス 5才)。大会前の調整で定期的に受療しています。

当院では、競技犬のコンディショニングも行っております。各種競技犬、訓練犬など、体調管理にご相談ください。

2017年4月13日 16時16分19秒 (Thu)

ミニチュアダックスの施術例

ミニチュアダックスフンドの施術例歩行不能にて来院したミニチュアダックスフンド(千葉県市原市 オス 8才)。1週間前に出張依頼を受けた時には全く歩けませんでしたが、施術後から歩けるようになり、本日2度目の受療。 両肺後部後葉、右腎、輸尿管、膀胱、仙尾関節などを調整し、終了。元気に散歩をして帰りました。 この犬種は歩行困難或いは歩行不能となるケースが圧倒的に多く、その原因も様々です。当院ホームページにて公開している動画のミニチュアダックスフンドは脳梗塞と頸椎ヘルニアによる歩行困難でしたが、今回は泌尿器系の問題でした。 生体本来の回復力が引き出されれば、人間も犬も同じように回復します。乳幼児も然りですが、犬には思い込みや暗示で症状が改善するという、いわゆる「プラシーボ効果」は一切通用しません。出来ることならば犬も薬物治療は避けたいものです。動物病院の治療法や高額な費用に疑問を持たれている方は、当院へご相談ください。


施設情報

プロフィール画像
施設名
栄光堂整術院
設立
平成17年10月
所在地
茨城県神栖市若松中央1-6-3
電話
0479(46)6022
受付時間
【平日・土曜日】
 9:00〜11:30
14:00〜19:00
【木曜・祝祭日】
 9:00〜11:30
(午後休院)
休院日
日曜日
他 不定休
施術内容
・筋肉反射テスト
・関節可動テスト
・新脊椎調整法
・ペット(犬)の施術

日記

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数