バイト探し

2016年05月 のアーカイブ

2016年5月27日 9時48分02秒 (Fri)

臨時休院のお知らせ

5月27日(金)〜30日(月)迄 臨時休院となります。

予約や予約変更等は、転送電話にて常時対応致します。

既に予約済みの皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますことを深くお詫び申し上げますとともに、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

2016年5月18日 16時03分10秒 (Wed)

回復の明暗

急性腰痛(ギックリ腰)で来院された59歳男性と60歳女性。

鹿嶋市在住の59歳の男性は、4月1日(金)に発症し、10日後の4月11日(月)に来院。症状の悪化を懸念し、ゴールデンウィークに予定していた沖縄旅行を断念して施術に専念。7回目の施術後、ようやく完治。

埼玉県さいたま市在住の60歳の女性は、5月13日(金)に発症し、7日後の5月19日(木)に来院。子宮ガンの後遺症で以前より当院の施術を受療している姉と共に事前に予約をされていた為、予約当日までひたすら寝ていたそうです。当日は車から降りるのも大変に難儀をしましたが、1回の施術で本人も驚くほど劇的に回復。痛みも解消され、可動範囲も大きく広がりました。

年齢的にも然程大差ない同じ症状の2人。2人の回復の明暗を分けた要因は何だったのでしょうか。

男性は腰椎椎間板ヘルニアの手術歴があり、これまでに何度かブロック療法(ブロック注射)も経験しています。また、多忙から無理を強いられて更に症状が悪化して来院されました。一方、女性は手術歴もなく、症状が発症して以来、入浴を避け、鎮痛剤なども服用せず、出来る限り安静を保っていました。男性は、手術やブロック注射によって痛みを抑え続けてきたものの、鎮痛療法によって回復力が低下していました。一方、女性は無理をせず安静を心掛けたことにより、たった1回の施術で回復力が充分に発揮されましました。

人間のみならず、生体には不調に陥った時に自力で治癒させる為の回復力が備わっています。手術やブロック療法、鍼灸、マッサージ、整体やカイロプラクティックなどによる骨格矯正などは、すべてが痛みを抑える為の方法手段であり、結果的に回復を妨げる悪因となります。従って、一時的に痛みが鎮まることはあるかも知れませんが、根本的に改善することはありません。残念ながら、巷に溢れる多くの療法が根本治療を標榜しつつも、結局は痛みなどの症状を抑える対症療法に終始しているのが現状です。

腰痛により右足に痛みや痺れの症状がある場合、痛む右側に異常があると思われがちですが、右足と左足の筋力を比べてみると、痛みがある右足の方が筋力が強い場合が殆どです。それは、痛みを感じられている方が正常であるという証であり、痛みそのものが症状を治す為の作用である現れです。痛みは自ら症状を治す為の正常な生体機能現象であることから、当院では鎮痛を目的とした対症療法は行わず、体に本来備わっている治癒機能を正常化させ、回復力が充分に発揮されるよう後押しをする施術を行っております。従って、施術を受療する以前よりも早く回復するのが大きな特徴です。同じ急性腰痛でも、前述の男性と女性のように様々な要因によって効果には即効遅効の個人差はありますが、確実な回復を望まれる方は一度ご相談ください。

2016年5月10日 19時16分00秒 (Tue)

症状の原因は患部に非ず

左肩の痛みを訴えて来院された30代女性。マッサージ(整体院での無資格マッサージ)6回、整骨院での低周波治療器と鍼治療を3回受けてきたそうですが、徐々に痛みが増し、腕が上がらなくなってきたとのことでした。いずれも患部をひたすら揉んだり擦ったり、患部に刺鍼するだけの対症療法だったようです。

筋肉反射テストで全身を検査していくと、最終的に子宮に辿り着きました。子宮を正常化させることにより、水平にすら上がらなかった腕が耳に着くまで一気に上がるようになりました。

痛みは結果に過ぎず、いくら痛む箇所を刺激したところで良くなるはずがありません。打撲や捻挫など患部に直接的な原因があるような場合であっても、実はまったく別の箇所に本質的な原因が潜んでいる場合が殆どです。以前この日記でご紹介した良性乳幼児痙攣の症例の場合は右側頭葉に問題がありましたし、ある40代の女性の膝痛は同側の上甲状腺動脈に問題がありました。別の50代女性の腰痛と股関節痛は上行結腸に問題がありました。このように、症状の原因を特定しないことには改善することはありません。マッサージも骨格矯正も刺鍼も無駄です。また、症状の原因を追求しようともせず「ストレス」「姿勢が悪いから」「体が硬いから」などという単純で馬鹿げたことを平気で言いのける治療家が後を絶ちませんが、そのようなことで体調不良に陥るほど生体は単純ではありません。本気で悩んでいる方は、本気で自身の体の状態を知ろうとしてください。脳はその答えと治し方を知っています。当院は、脳の導きに従って施術をするだけです。何をやっても改善しないという方、諦める前に一度ご相談ください。

2016年5月6日 19時11分19秒 (Fri)

全治6ヶ月の大怪我から完全復帰

先月28(木)全国柔道高段者大会にて、右股関節脱臼、腸骨大腿靭帯損傷、大腿後筋筋断裂などにより全治6ヶ月の重症を負って1週間。ほぼ完全に復活しております。今日も忙しく多くの患者さんの施術に当たりましたが、皆さん一様に驚いておりました。現在も大腿部には広範囲にわたって内出血が見られますが、痛みもすっかり解消され、普段通りの生活を送っています。

にわかに信じ難いことかも知れませんが、劇的に回復を早めた要因は以下の通り。

@痛みを受け入れた
A鎮痛剤などを一切使用しなかった
B無理にでも自力で歩行するように心掛けた

「痛みが症状を治している」という生体機能現象から、還って回復を阻害させることとなる鎮痛行為を一切行わず、じっくりと痛みを観察します。すると、脳の治癒機能が患部へ集中し、痛み方や関節可動に微妙な変化が感じ取れてきます。鎮痛剤は、痛みの核たる微妙な変化さえも麻痺させ、かき消してしまいます。鎮痛剤を服用すると非常に治りが悪く、回復が遅れるのはその為です。だからこそ、痛みを受け入れて回復力を発揮させることが重要です。これについては、当院の施術によって症状が改善された方は充分に理解されています。また、無理に足を着いてでも歩くことによって、損傷した骨組織の再生を早めます。

一般の方には難しいことかも知れませんが、当院の施術であれば、このように劇的な回復が可能です。当院では、痛みをごまかす施術は一切致しておりません。どのような症状であっても諦めずにご相談ください。


施設情報

プロフィール画像
施設名
栄光堂整術院
設立
平成17年10月
所在地
茨城県神栖市若松中央1-6-3
電話
0479(46)6022
受付時間
【平日・土曜日】
 9:00〜11:30
14:00〜19:00
【木曜・祝祭日】
 9:00〜11:30
(午後休院)
休院日
日曜日
他 不定休
施術内容
・筋肉反射テスト
・関節可動テスト
・新脊椎調整法
・ペット(犬)の施術

日記

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
アクセス数
ページビュー数