バイト探し

2015年05月 のアーカイブ

2015年5月21日 17時10分50秒 (Thu)

アクシデント

一昨日の柔道稽古中、ちょっとした不注意で右膝を痛めてしまいました。施術家といえども、現役で柔道を続ける限り怪我はある程度は仕方ないことです。大事なことは、怪我に負けない精神です。これは、怪我でなくても当てはまることで、人間はちょっと体調不良になると不安に苛まれて心まで荒み、弱気になってしまいます。そんなことでは回復力は充分に発揮できません。自信の回復力に任せ、回復の邪魔をしないようにしていれば必ず良くなります。
さて、私の右膝の症状は、翌朝は激痛で伸ばすことも曲げることも出来ず、歩行はおろか、階段の昇降、車の乗り降り、トイレなど、日常生活に大いに支障をきたしました。出勤後に自己調整をし、筋肉反射テストにて前十字靭帯、内側半月板後方回旋、膝蓋骨下垂の異常を検出。その後、いつも通り来院者の施術をしながら回復を待ちました。皆さん、足を引きずる私の痛々しい姿に驚かれているようでしたが、私自身が身を持って回復力を証明することをしかとご覧いただきたいところです。昨日は就寝前まで痛みがありましたが、今朝になって痛みが半減。右股関節に張りが出てきたものの、昼過ぎ辺りから痛みが一気に引いてきました。試しにヒンズースクワットを50回やってみましたが、痛みはありません。この調子だと、明晩にはいつも通り柔道稽古に参加できそうです。
膝の痛みで来院される方が増えています。初めて膝を痛めてみて、鋭い痛みの辛さがよく分かりました。しっかりと回復力を引き出し、痛みで動かない膝関節を無理のない程度に動かし続け、関節の可動範囲が狭まらないようにして回復の道筋を作ったことが早期回復に繋がったのです。スポーツ選手の故障が長引くのは、殆どの場合が間違ったケアのせいです。スポーツ障害で苦しんでいる方は、これまでのケアの内容を今一度振り返ってみてください。単純なアイシングやパルス、マッサージなどに終始していませんでしたか?

2015年5月3日 10時37分31秒 (Sun)

体全体でみる

“膝が痛い”“肩が上がらない”“肌荒れ”等々…患部や主訴は様々です。しかし、皆さんが訴える患部は、体全体(全身)からみると一部に過ぎません。血管ステントや人工関節、人工肛門、ペースメーカー等の例外はありますが、基本的に人間の体は部品交換をするような訳にはいきません。
当院では、施術後、稀に別の症状が発症することがあります。例えば、施術後に急に肩こりが発症する場合など。「余計悪化したのでは」と思われるかも知れません。しかし、それこそが真の回復であります。患部の痛みだけが消えるのではなく、脳の治癒機能が体全体のバランスを取りつつ回復方向へと向かわせている為です。この現象を「ルービックキューブ」に例えると分かりやすいかと思います。ルービックキューブは、三次元幾何学を応用した各面の色を統一させることを目的とした立方形パズルですが、ある一面の色を揃える為に、別麺の色が崩れます。しかし、そうしていくうちにやがて全面の色が綺麗に揃います。回復の途上にある体の状態は、これに酷似しています。
別の新たな症状が回復の兆しと見て取れた時、既に体は回復のレールに乗っています。不安なのはよく分かりますが、どうか慌てず騒がず、心静かに自身の回復力を感じ取ってください。


施設情報

プロフィール画像
施設名
栄光堂整術院
設立
平成17年10月
所在地
茨城県神栖市若松中央1-6-3
電話
0479(46)6022
受付時間
【平日・土曜日】
 9:00〜11:30
14:00〜19:00
【木曜・祝祭日】
 9:00〜11:30
(午後休院)
休院日
日曜日
他 不定休
施術内容
・筋肉反射テスト
・関節可動テスト
・新脊椎調整法
・ペット(犬)の施術

日記

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数